そんな私

そんな私

地方で暮らす私が思いつきでいろいろと

さんぽは娯楽

グッとくる本を見つけました。その名も「あいまいなものの観察」

 

写真と文がセットになっており、路上にあるものへの考察が書かれています。これが個人的にツボすぎて。

 

というのも私はさんぽが好きでかつ「これはなんだ」「なんでこれがここに」といったものを見つけるとテンションがあがります。この本にはそれがつまっています。

 

思ったのは、これを部活にしたいなということ。そう思いはじめると頭の中はフル回転。

 

さんぽ部の活動内容。毎回、商店街のある街に15時集合。2時間各自で街をさんぽする。ひたすら歩いてもよし喫茶店にはいってもよし。

 

その後、ファミレスでさんぽ報告会。その際に最低3枚その日グッときた風景の画像を用意しておく。あれこれ考察したあと、解散。ときどき夜さんぽもあり。たまに合宿も。

こんな感じで報告

 

…楽しい、楽しすぎる。もちろん部長は私です。たまにはこんな妄想も大事ということで。

 

そんな私。

平凡はおもしろい

平凡はダサい?普通はつまらない?そんなことはないです。

 

たしかに非凡な経験は興味をひきます。だからといって平凡や普通が劣っているわけではありません。

 

そもそも平凡ってなんでしょう。普通ってなんでしょう。実はそれってものすごく曖昧です。

 

自分にとっては平凡なことでも、他人にとっては非凡かもしれない。

 

特別な経験がなくても人は十分おもしろいです。なので、自分をつまらない人間と決めつけない方がいいです。

 

そんな私。

川越さんぽ

埼玉県にある川越を友人とさんぽしてきました。都心から1時間で行ける川越は「小江戸」として人気の観光地です。

 

蔵造りの街並み、駄菓子屋が軒を連ねる菓子屋横丁。食べ物も名物のさつまいもを使ったお菓子やソフトクリームがあります。

 

また、川越には観光地だけでなく珍しい場所があります。丸広百貨店にある屋上遊園地「わんぱくランド」です。

f:id:sonawata:20190202205711j:image

こんなわくわくする場所ってある?

 

屋上遊園地というだけでも興味深いですが、こちらには首都圏で2ヶ所しかない屋上観覧車があります。約2分で1周、1回300円。屋上にあるので観覧車からの眺望は抜群です。

f:id:sonawata:20190202205738j:image

素敵なライトアップ

 

園内には他にもモノレールやレバーで上下する飛行機の乗り物、1人で操縦できるパトカーやアニメキャラクターの乗り物もありました。

f:id:sonawata:20190202205754j:image

てんとう虫のモノレール。ガタガタ感がスリリング

 

f:id:sonawata:20190202205814j:image

寒波のなか飛んだので顔が凍った

 

観光地としての川越もいいですが、アミューズメントとしての川越もおすすめです。もちろん他の楽しみ方も。

 

そんな私。

 

※首都圏で2ヶ所しかない屋上観覧車、もうひとつは東京都大田区にある「東急プラザ蒲田」にあります。

東京さんぽ

東京をさんぽしてきました。訪れた場所を紹介します。関連サイトや公式HPのリンクも貼ってあるのでそちらも是非。

 

等々力渓谷

f:id:sonawata:20190128065905j:image

 

東京23区内で唯一の渓谷です。渋谷から電車で20分、手軽に森林浴。そばにあるイタリアンレストラン「OTTO」からも渓谷が眺められます。

 


東京大学

 

東大の本郷キャンパスです。歴史的な建造物が多く、異国感がありました。

 


東京茶寮

 

三軒茶屋にある日本茶専門店です。煎茶2種飲み比べがおすすめ。

 


太子堂八幡神社

 

ドラマ「すいか」が好きです。ロケ地として使われた神社を見てきました。

 

https://taishido-hachiman.jp/


Racines FARM to PARK

f:id:sonawata:20190128063106j:image

 

吹き抜けがある開放的な作りのカフェです。芝生が広がる南池袋公園を見渡せます。

 


梅舎茶館

 

中国茶専門喫茶店です。その日の気分や体調にあったお茶のリクエストも可能。

 


胡桃堂喫茶店

 

国分寺駅からすこし歩いたところにある喫茶店です。店内には書籍や雑貨も。

 


手帳類図書室

 

参宮橋Picaresqueの奥にあり、収集された手帳を読むことができます。

 


 

以上です。どれも素敵な空間でした。ひとりでも、ふたりでも。休日ふらっとでかけてみてはいかがでしょうか。

 

そんな私。