そんな私

地方で健やかな毎日を送るゲイ。1人旅・ごっこ遊び・お洒落ぶる この3つが出来ればまぁ幸せ。

年下との距離感を小芝居しながら考えてみた~後編~

この物語は

悪魔のような鬼教師と

K野の茶番をまとめた

数日間の記録。

後編。

 

K野:でも先生、じゃあどうしたら

年下に振り向いてもらえるんですか?

f:id:sonawata:20170701095525p:plain

 

まやや:そんな事言ってる内は、

一生振り向いてもらえません。

f:id:sonawata:20170630112938p:plain

 

K野:わたし、アウト~。

 

まやや:自分で考えなさいって言いたいところだけど、1つだけ教えてあげる。

あなたの場合は「放置」

これがキーワードよ。

 

K野:放置って...

そのまま連絡が途絶えちゃったら...

 

まやや:それまでよ。

あきらめなさい。

 

K野:な!やりとりしてれば

会えるかもしれないじゃないですか!!

 

まややあなたそれで会えた事ある?

”既読無視される”か、”会う日が決まらない”の

どちらかじゃないかしら。

そんなのは会う気がないのと同じです。

ウザイのよ

 

K野:っっ!!(吐血)

 ......わ、私どうしたら良いんですか......

このままじゃ年下どころか

誰にも振り向いてもらえな...

 

まやや:ブスが悩んでどうするの?

だいたいあなたは、恋愛の一本柱だからそうなるの。

一つがダメだと全てがダメに感じてしまう。

誰かに好かれる事をゴールにしていたら

いつまでたっても幸せになんてなれません。

 

K野:ピーーーー(心肺停止)

 

~数日後~

 

K野:先生!

 

まやや:あら、生きてたのね。

 

K野:テヘ!!!

f:id:sonawata:20170704225354p:plain

先生に言われて考えてみたんです。

年下との距離感。

確かに、ほんの少しだけ近かったのかもしれません......

 

まやや:ほんの少しじゃなくて、

”だいぶ近い”の間違いでしょ?

 

 K野:(無視)振り向いてもらえなかったら

ネタにするとか、

恋愛以外に楽しみ見つけるとか、

執着減らせる方法探してみますっ

 

まやや:あなたも少しは目覚めたみたいね。

 

K野:先生、アロハ!

(軽やかに走り去ってゆく)

f:id:sonawata:20170703084405p:plain

 

まやや:(微笑)

f:id:sonawata:20170630112821p:plain

 

ー完ー

*このお話はフィクションです。

 内容は、あくまでまややの意(以下略)

 

あとがき

 

いかがでしたでしょうか。

この、小芝居。

 

良いよね、たまには。

何かを隠れ蓑にした小言って

気持ち良いし!!(そこか)

 

まぁ、現実は前のめったりで

割り切れたもんじゃないですが…

そんな時は

何をとって~何を諦めるの~♪です。

(幸せのものさしby竹内まりや)

f:id:sonawata:20170703111214p:plain

▲もう9年前…

 

 

最後に。テレビドラマ「BOSS」6話で

こんなセリフがあります。

 

「悪くないよ、オバさんも。
 そんなにつっぱらなくてすむから。
 ゆる〜くなってるから。」

f:id:sonawata:20170702164737j:image

女王の教室からキャラ逆転。 

 

 オジさん(オバさん)になるのは楽しくないかもしれない。

でも、気持ち次第で楽に過ごせるのかも。

 

そんな私。